ホーム>紅茶のおいしい入れ方

紅茶のおいしい入れ方

<The Five Golden Rules・美味しい紅茶の入れ方>

2015512151218.jpg

紅茶を美味しく入れていただくためには守っていただきたいルールがあります。ファイブゴールデンルール/The Five Golden Rulesとは英国式の紅茶の入れ方のことです。その歴史は古く19世紀から今もなお受け継がれている紅茶を美味しくいれるための考え方です。紅茶・ブラックティーはもちろんですがフレーバードブラックティー、フレーバードグリーンティ―、ハーブティー、ルイボスティー、フルーツハーブティーも同じ方法でいれていただければより美味しくいただけます。ファイブゴールデンルールに沿って紅茶の入れ方をご紹介します。

 
1、良質な茶葉を使用する/Use good quality tea
紅茶を飲む人の好みに合った茶葉は新鮮なものを使用しましょう。
 
2、ティーポット温める/Warm the teapot
紅茶のおいしい成分である心地よい渋みのタンニンは80度以上ではじめて抽出液に移行します。そのため抽出温度が下がらないようティーポットを事前に温めておく必要があります。カップも事前に温めておきましょう。温度が高いほうが香りがよくなります。湯通しに使用したお湯は必ず捨ててください。またティーポットを選ぶときは対流の起こりやすい丸型のものを選びましょう。
 
3、茶葉を正確にはかる/Measure your tea
温めたポットに人数分の茶葉を入れて、沸騰したてのお湯をそそぎます。茶葉はティースプーンで正確に量ること。ティースプーン1杯分=約3g(1人分の目安:3gの茶葉に約150ccのお湯)。茶葉の規格がOPなら大盛り、BOPなら中盛りぐらいの量です。またティースプーンはよくコーヒースプーンと混同されますが13~14cm程のものがティースプーンです(コーヒースプーンはもっと小さい)。電子スケールなどの使用もおすすめです。
 
4、新鮮なお湯を使う/Use freshly boiling water
新鮮なお湯を使用しましょう。新鮮なお湯とは空気を多く含んでいるお湯のことです。空気をあまり含まないペットボトルの水や電気ポットで沸かせっぱなしのお湯はあまりおすすめしません。ティーポットで茶葉をジャンピングや香り立ちをよくさせる(香気成分の移行)には沸騰させたばかりの水道水の熱湯を使用することをおすすめします。目安は5円玉くらいの泡が沸いている状態です。また紅茶には軟水が一番合います。軟水は水色がきれいにでますが硬水は小さな沈殿が発生してしまいます(硬水中のCaがタンニンと結合し沈殿が発生する)。また硬水の場合、口に含んだときの感覚が若干、重たくなってしまいます。日本は軟水に恵まれていますので、水道水を使用していただければ問題ありません。
 
5、蒸らしを行う/Allow time to brew
蓋をしめて蒸らしを行います。蒸らし時間は茶葉によって異なりますが、基本として茶葉3g・お湯150ccに対して蒸らし時間3分です。しっかりティータイマーなどを使用し時間を待ちましょう。蓋は必ず閉めるようにしましょう。蒸らし時間が終わったらティースプーンでひとかきして下さい。ティーストレーナー(茶漉し)使ってカップに注ぎます。
 
ゴールデンドロップ/Golden drop
最後にそそぐ一滴はゴールデンドロップ/Golden drop、ベストドロップ/Best dropと呼ばれ紅茶の美味しい成分が濃縮されています。ゴールデンドロップ・最後の一滴はは大切なお客様にそそぐという考え方があるぐらい大切なものです。通常、紅茶の美味しい成分はティーポットの底にたまっています。そのため最後の一滴までしっかりと紅茶の濃い成分を注ぎ入れる必要があるのです。もしくはティースプーンでティーポットの中をひと混ぜして中の抽出液を均一にすることも有効です。
 
茶葉の分量・湯量・蒸らし時間について
茶葉の分量、湯量、蒸らし時間の基本は上述の通りですがお好みによって調整しましょう。たとえばタンニン分の少ない(中国種)のダージリンの場合、おいいしい成分であるタンニンをより移行させるため、茶葉3gに対して蒸らし時間6分に設定。タンニン分が増えるので飲み口を和らげるため湯量を200cc増やすといった具合にです。また蒸らし時間に関してだけ言えば刺激(覚醒作用)が欲しいときは3~4分(カフェインの溶出)、リラックスしたい時は5~6分(テインの溶出、ただし湯量を多くし、OPサイズの茶葉を使う)といったようにいろいろと試してみましょう。なおロンネフェルト社では下記のようにストレートの茶葉の分量・湯量・蒸らし時間を定義しています。ご参考下さい。
 
ストレート

種類

茶葉の量

ティースプーン/g

湯量

蒸らし時間

ブラックティー/フレーバードブラックティー

(紺色のパッケージ)

1杯/3g

150cc

3分

ダージリン/ゴールデンダージリンアールグレイ

(ダージリンベースのフレーバ-ドティーも含む)

1杯/3g

200cc

6分

フルーツハーブティー

(赤色のパッケージ)

1杯/5g

200cc

6分

ハーブティー

2杯/5g

200cc

6分

ルイボスティー

(黄緑のパッケージ)

1杯/3g

200cc

3分

 

オンザロックス方式(アイスティーの作り方)
オンザロックス方式とは氷を入れたグラスに紅茶を直接注ぎ入れる方法です。茶葉の分量を2倍にして紅茶をファイブゴールデンルールに沿って抽出していただき、茶漉しを使い直接グラスに注ぎ入れます。この時に重要なことはいかに早く注ぐかです。ゆっくり注ぎでしまうと紅茶がクリームダウしてしまうので注意が必要です。クリームダウンとは低温でタンニンとカフェインが結合し白濁する紅茶においてのみ発生する現象の事です(フルーツハーブティーやルイボスティーでは発生しません)。防ぐためには茶葉の量を減らす、もしくは湯量を増やす必要があります。下記のロンネフェルト社のアイスティーの定義をご参考下さい
 
アイスティー

種類

茶葉の量

ティースプーン/g

湯量

蒸らし時間

ブラックティー/フレーバードブラックティー

(紺色のパッケージ)

2杯/6g

150cc

3分

フルーツハーブティー

(赤色のパッケージ)

2杯/10g

200cc

6分

ルイボスティー

(黄緑色のパッケージ)

5杯/15g

1L

茶葉をいれたまま

自然冷却

 

 

 
ページ上部へ