ホーム>オンラインショップ>ロンネフェルト紅茶>セイロン オレンジペコー 100g

セイロン オレンジペコー 100g

購入はこちら

セイロン オレンジペコー / Ceylon Orange pekoe

あまりクセのない軽めのディンブラ(セイロンティー)がベースのブレンドですので、ストレート・ミルクティー・レモンティーなど、色々と楽しめるベーシックな紅茶です。アレンジティーも作りやすく、ジャムと一緒に「ロシアンティー」としてや、果汁100%のジュースと合わせて「フルーツセパレートティー」などおすすめです。とても飲みやすい紅茶ですので、沢山の方がお集りのときや、サンドイッチなどのお食事にも合うかと思います。
 

セイロンティーについて

セイロンティーはスリランカ産紅茶の総称です。スリランカでは標高1200〜1800mまでをハイグロウンティー、 標高600〜1200mまでをミディアムグロウンティー、標高600mまでをロウグロウンティーと言い、3つの品質に分けられます。 ハイグロウンティーは高地で生産されるお茶で、すっきりとして香りの立つ紅茶らしい味わいです。ロウグロウンティーは 低地で生産されるお茶でスモーキーと言われる特徴的な香りと深みのある独特の味わいが特徴で、一般にミルクティーに適しています。 1年を通じて茶摘みが可能で、山の高さによって紅茶の個性に変化が表れます。 ハイグロウンティーには世界三大紅茶に上げられる ウバをはじめ、セイロンオレンジペコーで使用しているディンブラやヌワラエリヤが代表的です。ミディアムグロウンティーはキャンディーが代表的で、ロウグロウンティーは濃厚な味を持ち、 水色は深い赤色をしています。ブレンド用として用いられること が多く、またチャイ用として中東で人気のあるルフナが代表的です。※セイロンとは現スリランカの旧国名です。
 

ディンブラ / Dimbula

スリランカの地名であり、山岳部の南西斜面で作られるハイグロウンティーです。11~2月に訪れる季節風(北東モンスーン)の影響により、西側斜面は乾いた風があたり(東側は多雨期)、茶葉はじっくり成長することで香味ともに優れ、フラワリーな(花のような)香りをつけます。クセがあまりないので、沢山の方が集まったときや、アレンジティーにも向いています。
 

オレンジペコー / Orange Pekoe

茶葉のグレード(大きさ)で、サイズ的には最も大きいサイズです。柔らかな若い葉と芯芽からできていて、細長く、より強くねじれています。オレンジの香りはしません。メーカーや茶園独自のグレードがあります。
※茶葉の呼び方として、芯芽(FOP)の次の葉もOP(オレンジペコー)と言います。
 

基本的な飲み方

茶葉をティースプーン大さじ1杯(3g)量り、湯通しして温めたティーポットに入れ、100度の熱湯150ccを注ぎ蓋を閉め3分間蒸らします。茶漉しを使い温めたティーカップに注いでください。アイスティーは茶葉6gに熱湯150ccを注ぎ3分蒸らした後、たっぷりの氷を入れたグラスに熱いティーを一気に注ぐオンザロックス方式でお召上がり下さい。少しずつ注がず、一気に注ぐことで、ティーのクリームダウンを防げます。
 
 
商品の詳細
商品名
セイロン オレンジペコー
Ceylon Orange Pekoe
原材料
紅茶(セイロン)
原産国
スリランカ
水色
淡い橙色
カフェイン
有り
等級区分
OP
お勧めの飲み方
ストレート、アイスティー、ミルクティー
内容量
100g
保存方法
開封後は密封容器に移し替え、お早めにお飲みください。直射日光を避け、冷暗所もしくは冷蔵庫で保管してください。賞味期限は袋の記載をご確認ください。

 

 

NEW
商品コード:20003
セイロン オレンジペコー 100g

あまりクセのない軽めのディンブラ(セイロンティー)がベースのブレンドですので、ストレート・ミルクティー・レモンティーなど、色々と楽しめるベーシックな紅茶です。

販売価格:¥1,782(税込)
ポイント:0Pt
関連カテゴリ:
ロンネフェルト紅茶
ロンネフェルト紅茶 > 種類で選ぶ
ロンネフェルト紅茶 > 種類で選ぶ > ブラック・ルースティー
ロンネフェルト紅茶 > 飲み方で選ぶ
ロンネフェルト紅茶 > 飲み方で選ぶ > ミルクティー
ロンネフェルト紅茶 > 飲み方で選ぶ > アイスティー
ロンネフェルト紅茶 > タイプで選ぶ
ロンネフェルト紅茶 > タイプで選ぶ > 茶葉100g
ロンネフェルト紅茶 > 金額別で選ぶ
ロンネフェルト紅茶 > 金額別で選ぶ > ¥2,000~
数量:
在庫: 有り
カゴに入れる
問い合わせる

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ